ゲーム実況・配信

【本音】ゲーム実況動画に台本は必要ない3つの理由

 

ゲーム実況動画に、台本は必要なの?

 

そんなことを、気になる方もいると思います。

 

ゲーム実況動画で再生数10万以上の動画を制作した経験がありますが、その動画は台本なし。ライブ配信の切り抜きで動画を制作しました。

 

ぼくは、ゲーム実況は台本は必要ないと思います。

 

 

ゲーム実況に台本は必要ない3つの理由

 

台本の面白さは再生数に影響がない

 

台本の面白さは、再生数に影響がありません。

大切なのは、企画とチャンネルコンセプトです。

 

ぼくは、昔自分で面白いと思える実況動画を投稿するために、撮り直しをしまくっていました。

しかし、再生回数は30回程度。多くても100回程度。

 

まったく伸びませんでした。

 

それから2年後、特定のゲームに特化して動画投稿。

ある程度認知を獲得した段階で、実況動画を投稿すると、再生回数16万回のヒット動画が誕生しました。

 

自己満足で、ゲーム実況動画を伸ばしたいと考えているなら、台本よりも

ゲーム実況動画を観てもらう導線を作ることが大切です。

 

ショート動画でゲーム実況動画が制作する場合は、台本制作があると便利です。

あらかじめ話す言葉が限られているなら、台本制作はおすすめです。

 

初心者でもわかる!チャンネルコンセプトの作り方を完全解説! そんな方におすすめしたいのが、チャンネルコンセプトを作ること。 ほかの言葉を使うなら、チャンネル設計と呼ばれもので...

 

面白さのパターンが限られてしまう

 

台本制作をすると、面白さのパターンが限られてしまうデメリットもあります。

もちろん、自分に自信があれば、面白さのパターンを勝負できます。

 

しかし、ゲーム実況の面白さは、台本ありきの面白さだけではありません。

以下の動画はすべて配信の切り抜きだけで制作。再生数は7万です。

 

視聴者からの面白いコメントに、反応して面白さを倍増させることもあります。

ぜひ試してみてください。

 

 

 

動画制作コストが高くなる

 

台本制作をすると、自分で書くなら時間がかかります。

もし人に頼むなら、時間やお金がかかります。

 

制作コストが高くなると、ひとつの動画投稿をするのに、時間がかかってしまうことに。

 

長尺の動画を投稿する場合は、台本の量も多くなるので、3時間ほどかかる場合もあるでしょう。

 

時間をかけて台本を制作することが、おもしろさに直結するわけではないですから、要注意です。

 

 

おすすめのゲーム実況動画の作り方:配信の切りぬきで動画を作る

 

配信をして、切り抜き動画で動画投稿することをおすすめします。

配信の切り抜きで動画を作るメリットは以下の通り。

 

  • 視聴者のコメントがあれば、撮影中のモチベーションが下がりにくい
  • 切り抜いて動画を作るだけなので、制作時間が少ない
  • 外注しやすい

 

動画の制作コストも安く、視聴者との距離も近づけることができるので、一石二鳥。

 

デメリットは

  • ドッキリなどの企画が作りにくい
  • 面白い場所を生み出すまで、撮り続けることが必要

 

ぼくは、毎回3時間ほどの配信時間をかけていました。

時間がかかってしまうのは、デメリット部分ですが、動画制作が簡単なので配信の切り抜きがおすすめです。

 

 

さいごに:ゲーム実況動画よりもチャンネル設計を優先しよう

 

ゲーム実況の台本制作よりも、重要なことはチャンネル設計です。

チャンネル設計は、どんなゲームを誰に届けるかを考えることです。

 

台本制作は、その後にするべきことなんですね。

 

石ころを一生懸命価値をよく魅せても、価値を高く魅せることは難しい。

それよりも、エメラルドの石を探す努力をしたほうが、よっぽど良い。

 

努力するだけで再生数を獲得することは難しいので、きちんとチャンネル設計をして学びましょう。

 

初心者でもわかる!チャンネルコンセプトの作り方を完全解説! そんな方におすすめしたいのが、チャンネルコンセプトを作ること。 ほかの言葉を使うなら、チャンネル設計と呼ばれもので...